ホーム > 水道維持管理事業

水道維持管理事業

安心かつ安全でおいしい水を供給するために、水中カメラ搭載のロボットを使用し、配水池の水を抜かずに配水池の調査・沈殿物の清掃を行っております。

水の節約、環境にやさしい総合メンテナンスサービスをご提供いたします。

水中カメラ調査清掃ロボット

社団法人日本水道協会が2005年1月に発刊した水道事業ガイドラインに、3~5年に1回、配水池等の清掃が望ましいとされています。

水槽内天井部調査船ロボット

水道維持管理指針(日本水道協会)によると水道施設構造物は数年に1回点検整備する事となっています。

水道管内カメラ調査・洗浄

断水を行わず有圧条件下で水道本管内の状況が簡単に調査、検証できる装置カメラ挿入は既存の地下式消火栓や空気弁等の補修弁を利用。

貯水槽清掃

当社では、お客様に安全な水を供給するために、水道法、建築物衛生法に基づいて、貯水槽清掃や水質検査を行っています。

次世代型水道管路漏水情報管理システム(AIMS)

水道管路における漏水のあり方を根本から見つめ直した次世代型水道管路漏水情報管理システム
ページTOPへ